仮想通貨取引所の比較(手数料、取り扱い仮想通貨)【2018年版】

仮想通貨取引所比較

国内のビットコイン取引所の特徴、売買手数料、取り扱い仮想通貨を比較します

取引所の特徴比較

ビットコイン取引所は、欲しい仮想通貨の板取引ができるかどうかで選ぶのがポイントです。板取引ができない販売所は、売買手数料が無料でも実際の売買コストが割高になってしまいます。

初心者には盗難補償サービスなどが充実していて安心感のあるbitFlyer手数料の安くて板取引可能な仮想通貨が多いZaifがおすすめです。アルトコインの売買なら取り扱いアルトコインが豊富なCoincheckがおすすめです。

取引所名特徴評価ビットコイン
売買手数料
取り扱い
仮想通貨
(板取引可能な
仮想通貨)
FX最大
レバレッジ
bitFlyer
(詳細)
ビットコイン取引量日本一
盗難補償サービス
★★★0.01%~
0.15%
6種類
(3種類)
15倍
Zaif取引手数料マイナスボーナス
板取引可能な仮想通貨が多い
売買可能なトークンが豊富
コイン積立サービス
★★★-0.05%~
-0.01%
5種類
(5種類)
25倍
Coincheckアルトコインが豊富
貸仮想通貨サービス
★★★0%13種類
(1種類)
5倍
bitbank.cc板取引可能な仮想通貨が多い
60種以上のテクニカル分析
★★0%6種類
(6種類)
bitbankTradeビットコイン先物取引現物取引なし1種類
(1種類)
20倍
GMOコインGMOインターネットグループ
ビットコイン送金が無料
日本円出金手数料が無料
0%5種類
(0種類)
25倍
QUOINEX様々な法定通貨で売買可能
ビットコイン送金が無料
0%3種類
(3種類)
個人 25倍
法人 50倍
BITPoint様々な法定通貨で売買可能
ビットコイン送金が無料
0%3種類
(3種類)
25倍
みんなの
ビットコイン
様々な法定通貨で売買可能0%3種類
(3種類)
25倍
BTCBOXなし0%4種類
(4種類)
3倍
BitTradeなし0.2%6種類
(6種類)
FISCOなし0%3種類
(3種類)

※bitbankTradeは先物取引となり、現物取引はありません。

bitFlyerは盗難補償サービスなどが充実していて安心感がある
Zaifは手数料が安く、板取引可能な仮想通貨が多い
Coincheckは取り扱いアルトコインが豊富

手数料の比較

Zaifは取引手数料マイナスボーナスキャンペーンで、売買手数料がマイナスです。仮想通貨を売買すると、ボーナスとして、マイナス手数料分の日本円を獲得できます。

Coincheckは手数料は無料ですが、板取引可能な仮想通貨が少なく、最終的なコストが高くなりがちなので注意が必要です。ただし、Coincheckは取り扱い仮想通貨が豊富なので、Coincheckでしか売買できない仮想通貨を購入するのにおすすめです。

取引所名ビットコイン
売買手数料
アルトコイン
売買手数料
ビットコイン
送金手数料
日本円
出金手数料
bitFlyer
(詳細)
0.01%~0.15%0.20%0.0008BTC216円~756円
Zaif-0.05%~-0.01%0%~0.3%0.0001BTC~
※0.0001以上選択可
350円~756円
Coincheck0%0%0.001BTC400円
bitbank.cc0%0%0.001BTC540円~756円
bitbankTrade新規 0.01%
決済 0%
0.0005BTCビットコイン預入のみ
GMOコイン0%0%無料無料
QUOINEX0%0.25%無料500円
BITPoint0%0%無料銀行振込手数料実費負担
みんなの
ビットコイン
0%0.25%無料500円
BTCBOX0%0%0.001BTC出金額の0.5%(最低400円)
BitTrade0.2%0.25%~0.7%0.0005BTC648円
FISCO0%0.3%0.0001BTC~
※0.0001以上選択可
350円~756円

※Zaif、FISCOのビットコインの送金手数料は0.0001BTC以上で選択可能です。(送金手数料が低いと優先度が低くなり、送金に時間がかかります。0.0001BTCではいつ送金が完了するか分からないので、現実的には、0.0004BT程度を設定します。)

Zaifは取引手数料マイナスボーナスキャンペーンで、売買手数料がマイナス

取り扱い仮想通貨の比較

仮想通貨は「販売所」か「取引所」のいずれかで売買することができます。

売買コストを安く抑えるためにも、出来る限り板取引可能な取引所で売買するようにしましょう。

「◎」は板取引が可能な仮想通貨です。「◯」は板取引はできませんが、販売所で売買が可能な仮想通貨です。

たとえば、ネム(XEM)はZaifで売買、ライトコイン(LTC)はbitbank.ccで売買というように、仮想通貨ごとに取引所を使い分けることで、売買コストを安く抑えることができます。

Zaifやbitbank.ccは板取引可能な通貨数が豊富です。Coincheckはビットコイン以外は板取引ができませんが、取り扱い仮想通貨の種類が豊富で、Coincheckでしか買えない仮想通貨が多数あります。

取引所名取り扱い
仮想通貨(◯)
板取引可能な
仮想通貨(◎)
BTCBCHETHETCDASHFCTLSKLTCMONAREPXEMXMRXRPZEC
bitFlyer
(詳細)
6種類3種類
Zaif5種類5種類
Coincheck13種類1種類
bitbank.cc6種類6種類
bitbankTrade1種類1種類
GMOコイン5種類0種類
QUOINEX3種類3種類
BITPoint3種類3種類
みんなの
ビットコイン
3種類3種類
BTCBOX4種類4種類
BitTrade6種類6種類
FISCO3種類3種類
Zaifやbitbank.ccは板取引可能な通貨数が豊富
Coincheckでしか売買できない仮想通貨が多数ある

ビットコインFXの比較

ビットコインFXの最大レバレッジ、スワップ手数料を比較します。個人的には、レバレッジは最大10倍程度で十分だと考えています。それ以上はリスクが高くなるだけです。それよりも、スワップ手数料や流動性に注目しましょう。ビットコイン取引量日本一のbitFlyerは流動性が高いのでおすすめです。

取引所名ビットコインFXFX最大レバレッジスワップ手数料
bitFlyer
(詳細)
15倍0.04%
Zaif25倍0.039% ± 0.375%(変動)
Coincheck5倍ロング 0.04%
ショート 0.05%
bitbank.ccなし
bitbankTrade◯(先物)20倍
GMOコイン25倍0.05%
QUOINEX個人 25倍
法人 50倍
0.05%
BITPoint25倍0.04%
みんなの
ビットコイン
25倍0.05%
BTCBOX3倍変動
BitTradeなし
FISCOなし

※Zaifは日時手数料「0.039%」に加えて、スワップ手数料「最大±0.375%」がかかります。
※bitbankTradeは先物取引のためスワップ手数料はありません。新規取引手数料は0.01%、決済手数料は0%です。

bitFlyerはビットコイン取引量日本一で流動性が高い

セキュリティの比較

仮想通貨取引所のセキュリティを考える上で、2段階認証は必須です。また、国内取引所は金融庁に仮想通貨交換事業者として登録されているかどうかもポイントです。仮想通貨交換事業者として登録されている取引所は、金融庁のお墨付きをもらったことになるので、安心して利用できます。

bitFlyerは唯一盗難補償サービスのある取引所なので、大きな金額を保有している場合にはメインとして利用するのにおすすめです。

取引所名国内・海外セキュリティ仮想通貨交換事業者登録盗難補償サービス
bitFlyer
(詳細)
国内2段階認証あり完了あり(最大500万円)
Zaif国内2段階認証あり完了なし
Coincheck国内2段階認証あり申請中なし
bitbank.cc国内2段階認証あり完了なし
bitbankTrade国内2段階認証あり完了なし
GMOコイン国内2段階認証あり完了なし
QUOINEX国内2段階認証あり完了なし
BITPoint国内2段階認証あり完了なし
みんなの
ビットコイン
国内2段階認証あり申請中なし
BTCBOX国内2段階認証あり完了なし
BitTrade国内2段階認証あり完了なし
FISCO国内2段階認証あり完了なし
bitFlyerは国内で唯一「盗難補償サービス」がある
タイトルとURLをコピーしました