ビル・ゲイツがリラックスタイムに行っている2つの習慣

ビル・ゲイツがリラックスタイムに行っている2つの習慣

マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツは1日の仕事を終えた後のリラックスタイムに2つのことを行う習慣があるそうです。

仕事の緊張から心身を解きほぐし、ゆったりとした時間を過ごすのに役立っている2つの習慣を紹介します。

お皿を洗う

大富豪のビル・ゲイツならば、自分でお皿を洗わなくても簡単にスタッフを雇って任せることができるはずです。しかし、ビル・ゲイツは自分と家族が使った食器を自ら洗うことを習慣にしています。

お皿を洗うことは、温かいお湯の感触と洗剤の香りによって脳が刺激され、リラックス効果があります。

さらに、何も考えずにお皿洗いなどの単純なタスクに没頭することで、脳がクリエイティブな「創造性」を取り戻すことができます。

読書をする

ビル・ゲイツは、毎晩眠る前の1時間を読書の時間に充てています。この読書の時間は仕事で眠るのが遅くなったときでも必ず確保するようにしており、眠りに堕ちるための大切な習慣になっています。

超多忙なビル・ゲイツですが、この習慣により年間50冊の本を読む読書家としても知られています。

眠る前の読書はストレスを解消し、身体が眠る準備に入るのを助ける効果があります。また、眠る前にスマートフォンやPCの画面から遠ざかることで、脳が光の刺激により覚醒してしまうのを避けることもできます。

さらに、読書は知識を蓄え、知恵や創造性を育むことに貢献します。

人の生活は、「習慣」でできています。成功する人は、成功するための「習慣」を持っています。

世界的な成功者、ビル・ゲイツの「習慣」をあなたの生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。