窓ガラスフィルム

私の部屋は道路に面しており、カーテンを開けると部屋の中が丸見えになります。

日中はレースカーテンを閉めているのですが、レースカーテンだけでは影が見えてしまいます。

遮光カーテンを閉めれば影は見えないのですが、部屋に陽の光が入らなくなってしまいます。

窓ガラスのフィルム

そこで、窓ガラスフィルムを貼ることにしました。

窓ガラスフィルムはQualsenの「窓 めかくしシート ガラスフィルム 目隠しシート 断熱 紫外線カット 無接着剤 再利用可能 窓用シール DIY(90 x 200 cm)」を使いました。

Qualsen 窓 めかくしシート ガラスフィルム 目隠しシート 断熱 紫外線カット 無接着剤 再利用可能 窓用シール DIY(90 x 200 cm)

陽の光を通す半透明のシートです。窓ガラスに貼るとすりガラスのようになり、目隠し効果があります。

Qualsenの窓ガラスフィルム

貼り付けには糊を使わず、窓を水で濡らすだけです。

糊を使わないので、剥がしたいときに簡単に剥がすことができます。

跡が残らないので、賃貸でも安心です。

日常の使用で剥がれることはありません。

スマートフォンのガラスフィルムと同じような感覚です。

必要な道具

  • 窓ガラスフィルム
  • ハサミ
  • カッター
  • 霧吹き(窓を濡らすときに使う。なければ雑巾などでもOK)
  • ゴムヘラ(気泡を抜くときに使う。なければプラスチック製の固いポイントカードなどでもOK)

窓ガラスフィルムの貼り方

  1. 窓を綺麗に掃除しておく
  2. 窓ガラスフィルムを窓のサイズ+1.5cmくらいにハサミで切る
    あとで余った部分をカッターで切るので、ガタガタになってもOKです。
  3. 水にシャンプーを2~3滴加えて、霧吹きで窓全体をよく濡らす
    窓から水がしたたるくらいよく濡らすのがポイントです。濡れていないと、その部分がくっつかず、綺麗に仕上がりません。霧吹きが無い場合はビチョビチョにした布などで水をつけてもOKです。
  4. 窓ガラスフィルの裏面の剥離フィルムを剥がして窓につける
    裏面についている剥離フィルムを剥がします。剥離フィルムは剥がれにくいので角から剥がしましょう。窓には上の方から貼っていきます。簡単に剥がせるので、貼りながら位置を調整していきます。
  5. 余った部分をカッターで切る
    余った部分をカッターで切ります。軽い力で切れるので、力を入れないようにすれば窓ガラスが傷つく心配はありません。
  6. 気泡を抜く
    ゴムヘラで気泡を抜いていきます。なければプラスチック製の固いポイントカードなどでも大丈夫です。気泡をしっかり抜かないと、仕上がりが綺麗にならないので、注意しましょう。
  7. 乾いたら完成!

窓ガラスフィルムを右側だけ貼った状態です。ベランダの桟の影が見えていますが、道路の人影は見えません。

窓ガラスのフィルム

両方貼った状態です。

窓ガラスのフィルム

レースカーテンを閉めれば完璧です。日中でもカーテンを空けて、明るい状態で過ごすことができます。

窓ガラスのフィルム

タイトルとURLをコピーしました